海外発送/国際配送サービスの転送コム

<Long P coat & MA-1>ベッドフォードのスタイルを徹底解剖!

BED j.w. FORD 2019AW COLLECTION
"Self / Reflections"

ベッドフォードの今季のテーマは
「Self / Reflections - 自己投影」。
"らしさ"とは何かを見つめ直し、
デザイナー山岸氏自身が、
自分で着たいと思える洋服を製作した
原点回帰のコレクションとなっています。

いよいよ秋冬本番を迎え、ニットやアウター類も
今まさに着れるシーズンとなってきました。
ベッドフォードのスタイリングイメージも揃ってきたのでご覧ください。

BED J.W. FORD
"Long P coat"



重厚感のあるロング丈のPコート
ふっくらと柔らかく、それでもしっかりと肉厚のウール生地を使用し、
真冬の防寒アイテムとしてもしっかり活躍してくれます。

ウエストベルトの裏側にはキャメルカラーの鹿革を贅沢に全面採用。
バックル部分もレザーでパイピング処理が施されています。

圧巻は内側。上から黒、ベージュ、グリーンと3色の生地を切り替え、
ベージュとグリーンの生地にはベルベットを採用。

左前身頃裏には2色の糸で蜘蛛の巣柄を刺繍で施し、
かなり手の込んだ仕様になっています。
そしてこの蜘蛛の巣の線も細く繊細なタッチで描かれ、
一目で「タダモノではない」という印象を周りに与えます。

デザインが盛り込まれた内側ですが、
少し動いたりするだけで結構見えます。

ポケットに手を突っ込んで立っているだけでも見えるので、
電車などでもかなりの注目を浴びそうです。

ウエストベルトの配色もアクセントになりますね。
難しいことは考えず、ただ垂らしておくだけでもいいんです。

センターベントも普通ではないこだわり仕様。
ボタンを2つくらい外して裾の動きを楽しむのもおすすめです。

生地自体は柔らかいんですが、しっかりとしたこの厚み、
伝わりますか?
上まで留めるとお腹側は2重になるので、かなり暖かいです。
ベルトで絞ると風も入ってこないのでさらに暖かくなります。

これ自体も暖かいんですが、ランウェイのモデルのように
インナーダウンなどを差し込むと最強です。

アームホールや身幅にはゆとりがあるので、
ジャケットやブルゾンの上からも楽に羽織れます。

起毛感のあるウールという素材に対して、
繊維密度の高いナイロンなどをコーディネートに取り入れると
ワンランク上の着こなしになります。
いわゆる異素材ミックスというやつですね。

こちらで着ているのが、↓


BED J.W. FORD
"MA-1"



コレクションで展開されるたびに高い人気を博す
ベッドフォードのMA1ブルゾン。
MA1に通常詰め込まれる中綿を、
それ自体がシルエットを崩す原因と捉え排除。
その代わりに、発熱作用を持つ高機能の芯地を内蔵し、
高い保温力を確保しました 。

シルエットにも保温性にも妥協しない良いとこ取りのMA-1。

もこもこ膨れないので、アウターとしてはもちろん、
インナーダウンのようにジャケットやコートの内側にも使えます 。

そしてこのポケット。内側にもファスナーが付いていて、
左右どちらからもアクセスが可能となっています。

それにより、インナーとして使った時に内ポケットになり、
反対側の手でアクセスしやすくなります。

また裏側にはおなじみのベルトを採用。

19SSのランウェイでも提案されていたように、
アウターの内側に斜めがけしてレイヤードで見せることも可能です。
モデルルックではジャケットですが、
もちろんロングコートの内側に斜めがけしても相性抜群!

あらゆるスタイルやシーンを想定して、
とにかく緻密に計算されたデザインには脱帽です。。

なかなか一口には説明し得ないベッドフォードのこだわりを
今回は少し長めに紐解いてみました。

ぜひ袖を通して体験、共感して頂けたら幸いです。

BED J.W. FORD
"Long P coat"



BED J.W. FORD
"MA-1"

ページトップへ