SHELTER WEB MAGAZINE

SHINYAKOZUKA "LEATHER SANDAL"





SHELTERのカドマスです。


みなさん夏にサンダルは履きますか?


何と言ってもサンダルは涼しいので、暑い夏は私もサンダルが欠かせません。

とはいってもサンダルはカジュアルに見えてしまうので苦手、、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな方にもオススメしたいのが、今季SHINYAKOZUKAからリリースされたレザーサンダルです!

じっくりと魅力をご紹介してまいりますので、お付き合いください n(_ _)n











形のベースはポストマンシューズ。


短靴のトウ部分とヒール周りを大胆に削ぎ落とすことでサンダルへと昇華させたそのデザインは、
サンダルでありながらレースアップ仕様の凜とした表情が漂い、とても上品な仕上がりです。









そしてなんとソールにはビルケンシュトックの本格Birkソールを採用。

医療用靴としての歴史を持ち、疲れにくく健康的なサンダルを展開するビルケンシュトックならではのフィット感のある履き心地となっています。







ソールにはコルク層がレイヤーされています。

このコルクは着用を繰り返すことで着用者の足の形を記憶し、馴染んでより良いフィット感へと成長していくので、
本当に自分だけの一足へと育てていくことができるんです。

またこのコルクの色の切り替えがあることで、上品な印象の中に少しカジュアルなテイストが混ざり、デニムやリネンパンツなどとも合わせやすくなっています。







アッパーには日本一のレザー生産地である姫路で鞣された上質なキップレザーを使用。

生後6ヶ月から2年以内の仔牛の革はキメが細かく美しい銀面が特徴的です。

素材と履き心地にこだわり抜いたまさにプレミアムな一足と言えるでしょう。







太陽光が当たるとその銀面の美しさが際立ちますね。


姫路で行われたこの革の鞣し工程においては、まず始めに薬剤を用いたクロム鞣しにより革の耐久性を底上げすることで、革の厚みを薄く仕上げることが可能となります。

その後天然の植物の成分によるタンニンで再鞣しを加えることで、革本来の味わいやコシのある表情が創出されています。

時間と手間はかかりますが、クロム鞣しとタンニン鞣しという対極にある2つの加工を取り入れることで、双方の良い部分を引き出し、ドレスシューズの様な気品のある佇まいながらも革の味わいを殺さない贅沢な仕上がりとなっています。







インソールには弾力性とグリップ力に富んだホースレザーを使用し、履き心地も非常に快適。

コルクやスエードのインソールだと皮脂による汚れや黒ずみが目立ち、脱いだ時にちょっと恥ずかしくなりますが、こちらにはブラックスムースレザーを使用しているのでその心配もありません。

個人的には脱いだ時のあの汚れがどうしても苦手で、このスムースレザーのインソールというのは外せないポイントです。









コーディネートにおいては、スラックスをはじめとしたダークトーン系のボトムスはもちろん、











コルクのカラーとリンクさせて、ベージュやブラウンなど温かみのあるカラーとの合わせもオススメ。

レザーサンダルを合わせることでリネンパンツやスウェットパンツもどこか上品なコーディネートにアップグレードしてくれます。













季節感のある白パンと合わせる際も、オールブラックのシューズだとコントラストが付きすぎて重いですが、
コルクの切り替えが効いているのでとても良くマッチしてくれますね!









もちろんショートパンツとのコーディネートなど、夏らしいリゾートスタイルはお手のものです。




夏はどうしても格好が単調になりがち。

特にサンダルとなるとレディースほど選択肢が少ないのがメンズの悲しいところ。。


そんな中SHINYAKOZUKAのサンダルはデザイン、クオリティ、合わせやすさと3拍子揃って申し分無しなので、
まだお気に入りのサンダルに巡り合っていない方はぜひ検討してみてくださいね。






SHINYAKOZUKA
"POSTMAN" LEATHER SANDAL
35000yen +tax

BED J.W. FORD × MAISON MIHARA YASUHIRO





こんにちは。カドマスです。

BED J.W. FORD(ベッドフォード)とMAISON MIHARA YASUHIRO (メゾンミハラヤスヒロ)によるプレミアムなコラボレザースニーカー、
もうすでに皆様ご覧になられましたでしょうか。


店頭ではよくお話しさせていただきますが、
今までの当店取り扱いスニーカーの中で一番カッコいいんじゃないかと、
決して大袈裟でなく思ってしまうほどにイイ靴だと思います。

かく言う私はもちろん、スタッフ全員がすでに購入し絶賛愛用中です。

文句無しのデザインにばかり目が行ってしまうのですが、
実は地面の衝撃を感じさせない驚きの履き心地というのもポイントとなっています。


今回はその魅力をじっくりとお伝えしていきたいと思います!


まずはこちら、ローカットモデルの「HANK」









デザインのベースはコンバースのジャックパーセルのようなフォルム。

凹凸のある印象的なアウトソールは三原康弘氏が粘土でこねてハンドメイドで製作した
オリジナルの型により成形されたもの。

歪な曲線からなる有機的なデザインが他にはない独自性を演出しています。







アッパーはブラックカラーのスエード素材とシュータン部分のキャンバス素材によるコンビネーション。

ステッチワークでホワイトカラーを差し、シルバーカラーのハトメが異素材感を演出します。









トウキャップ手前にはかすれたようなペイント加工が施され、
履き口周りには裁ち切りのフリンジデザインがあしらわれるなどリメイク感のあるデザインに。

BED J.W. FORDとMIHARA YASUHIROのダブルネームのロゴがまたいい感じです。







アウトソールはVANSを彷彿とさせるグリップ力の強いオリジナルソールを搭載。

中央のミハラヤスヒロのマークがアクセントになっていますね。

ソール自体に厚みがあるので、歩き心地も良いですし、
何よりソールが長持ちするので長く楽しめるのもポイント。









デザイン性が高いので、ロゴなどはミニマルに同色でデザイン。

アウトソールのジグザグに合わせてホワイトステッチもジグザグなところも◎















スニーカーといえどもレザーシューズのような雰囲気を備えているので、
コーディネートの守備範囲はとても広いです。

ワイドパンツ、フレアパンツ、クロップドパンツ、ショートパンツと幅広く合わせてお楽しみいただけます。


そしてもう一型がハイカット(ミドルカット)タイプの「BLAKEY」











こちらのベースデザインはご覧の通り、adidasのSUPER STAR。

アウトソールはこちらも三原康弘氏が粘土でこねてハンドメイドで製作したオリジナルの型によるものとなっています。









アッパーはブラックカラーのスエード素材。

シューレースの通るアイレットには金属製のハトメではなく刺繍を採用し、
全体的にブラック単色で構成したよりモードでミニマルな外観が特徴です。







履き口のパイピングからライニングにかけてはスムースな素材をあてがい、
滑りを良くして着脱のしやすい設計にしています。

"MMY"のロゴマークも同色の刺繍で施され、より洗練された印象に。







こちらのモデルのソールはかなりadidasに寄せられたデザインに。

溝も深くてグリップ力は高めです。





















こちらのモデルはミニマルなオールブラックデザインなので、より上品な印象に。
ハイカットということでショートブーツライクなスタイリングも期待できそうです。



両モデルとも全く違ったデザインでそれぞれ抜群に非常に格好いいので、
どちらにするか選び難いという声が聞こえてきそうです。。。


かなりプレミアムなコラボレーションでもあるので、ぜひお早めにチェックしてみてください。






BED J.W. FORD × MAISON MIHARA YASUHIRO
"HANK"
43000yen +tax








BED J.W. FORD × MAISON MIHARA YASUHIRO
"BLAKEY"
45000yen +tax

BED J.W. FORD × LEE





こんにちは。カドマスです。

先日、BED J.W. FORD(ベッドフォード)がLee (リー)とコラボレーションして生み出されたプレミアムなデニムパンツが発売となりました。

店頭でも入荷前から非常に問い合わせの多い商品でしたので、まさにファンの方には待望の入荷となったのではないでしょうか。

今の時期から即戦力で履いていただけるボトムスですので、手に入れた方はぜひ目一杯楽しんでくださいね!

さて今回こちらではウェブマガジン形式で当コラボの魅力をたっぷりとご紹介していきます。











ベースとなるデザインはLee不朽の名作として名高い「アメリカンライダース」。


素材にはオーガニックコットンを使い、紡績から染色、織布までLeeオリジナルのレシピで仕上げたデニム生地を採用しています。

Lee伝統の左綾(左上から右下に向いた地の目)の織りはレフトハンドと呼ばれ、
一目で分かるLeeと言えばの特徴。

肉厚でガッシリとした14.4オンスの生地は不思議と柔らかく、ジーンズ本来の質実剛健な表情とタフさを備える一方で、ハード過ぎない上品な印象も備えています。







フロントにはセンタープレスを設けスラックスのような美しい印象に。

ベッドフォードらしいワイドストレートでエレガントに仕上げられています。







腰のレザーパッチにはホルスタイン柄のハラコ素材を使用し、ポケット口はベッドフォードのボトムスに良く見られるカッティングを採用しています。

通常とは異なるスペシャルなディテールはタックインスタイル時に抜群のアクセントをプラスしてくれます。









通称レイジーSと呼ばれるLEE特有のヒップポケットのステッチにはブルーのカラーステッチを施し、
イエローステッチとのカラーコントラストを加えた仕様に。







フロントボタンにはベッドフォードオリジナルの水牛ボタンを採用する一方で、







金属リベットの突起を潰して引っ掛かりを軽減する「クローズドバーリベット」や、







席に座った時の違和感を軽減するヒップポケットのX字の「スレッドリベット」など、
随所にLee独自の仕様がしっかり踏襲されています。









どこから見ても隙のない美しいシルエットには思わずため息が出ます。。

デニムなのにスラックスの印象が強いというのもベッドフォードならではと言えるポイントでしょう。









生地感としても春夏秋冬オールシーズン履けるちょうど良い肉感で、
今の時期ならカットソー単体と合わせてもおすすめ。

スニーカーだけでなく上品なドレスシューズと組んでみても品が漂います。
ワークな印象の強いデニムというアイテムをベッドフォードならではのアプローチでドレスに仕立てられた、さすがの一着。


ぜひ体感してみてください◎






BED J.W. FORD × LEE
"WIDE DENIM PANTS"
30000yen +tax

ページトップへ